It's going to be OK

双極性障害(躁うつ)、同性愛や日々の出来事について

気をつけるべき生活習慣【精神病編】

躁うつ病に必要な治療は投薬を中心としてストレスの回避術、認知療法、生活リズムの維持、体調不良時で外出の御法度。ボクのなかではこんな感じです。一番自分でこれが重要というのをピックアップすると、生活リズムの維持になります。

これには本当に気をつけています。「6時に起きて朝食>12時に昼食>19時に夕食」あとは随所に勉強とかゲームしています。これが乱れてくると必ず体調が悪くなり、頭痛、吐き気、胸痛、、、いろいろと症状がでてくるのです。

さらに分析していきます。

最終的に一番重要だと思ったのが睡眠です。精神疾患者の2人に1人くらいは睡眠薬を飲んでいるのではないでしょうか(統計をとっていないのでテキトウです

睡眠不足は身体にも精神にもかなりの影響があります。身体的には肉体疲労ですね。精神になってくると、先ほど書いたような症状がでます。

ボクの場合ですが、頭痛、吐き気、胸痛、倦怠感、震戦(手の震え)、思考力の低下、身体の感覚がなくてマヒしたような感じ?。まだありますがこのような症状です。それが不眠により発動するのです。うそつけって思われる方もいらっしゃると思いますがマジです。

1日約6時間しっかりとした睡眠をとることが、ボクが今までで学んだ事です。これは健康な方にも言える事なので、疲労回復のためにも睡眠をとりましょう。ちなみに、寝られないから寝酒。とかよく聞きますが、あれはムダです。アルコールを飲んで眠ることはできると思いますが、睡眠の質が悪く疲労はとれません。ただ気絶しているのと同じ?と聞いたことがあります。

だから、いま自分が気をつけているのは生活リズム(睡眠の質)です。

 

余談ですが、ボクの飲んでいる睡眠薬は一部の国では麻薬扱いされています。なるべく飲まないで眠れるようになるといいですが、、、今は頼るしかないですね。

 

※あくまでもボクの場合なので、参考程度にしてください。