It's going to be OK

双極性障害(躁うつ)、同性愛や日々の出来事について

インターネットは膨大な辞書?

以前から利用していたYahoo知恵袋に最近またハマっています。

ご存じと思いますが、知恵袋とは何?という方へ一応説明を。

「教えてほしい質問をして、それを見た人が答える」以上です

 

 ↓調子に乗って偉そうに言ってます<(_ _)>

ボクは得意分野が2つあるのでそこをホームグラウンドにして、その分野でなぜか飛躍しています(笑)

ベストアンサー(名前の通り一番役立つ回答をくれた人に与えられるもの)出しまくりで、ニコニコです。このままカテゴリマスター目指すか?w

 

ここで1つ疑問があるのですが、

ググればすぐわかるのに、わざわざ知恵袋を使い回答を求める理由はなんだろう?と思うのです。これはボクの推測ですが、知恵袋で質問すれば十人十色な考え方やアドバイスがあるので、それが面白くてすぐ分かることでも知恵袋を利用しているのかなと思っています。そんな事を勝手に思いつつ、それなら回答しなければと勝手にあおられてやっていたりもします。必死ですw

 

始めたきっかけは仕事のためです。基本的にはバカなんですが、会社で教育担当をしていた時があって、こういう質問をしたら他の人はどのような回答をするのだろうと覗いたのがきっかけでした。それが仕事上で役立つと思ったんです。あと、お年頃なのかわかりませんが、最近よく相談をされることが多くなり、知恵袋を利用して回答スキルをあげています。

 

ちなみにボクは質問をしたことがありません。してみたいけれど質問だけは別のサイトを利用しているので・・・ごめんなさい<(_ _)>

というのは質問内容がガチすぎて、知恵袋では補えないのです。

 

ネットが普及して、いろいろな情報が手軽にはいる事は諸刃だとしても便利ですよね。鵜呑みにすると厄介ですが・・・

あと、たまに迷惑な情報があってネタバレされるんです。これだけは勘弁してほしい。まぁ、それくらい情報が飛び交うネットは辞書みたいなものなのでしょうか。

 

そして、身分を隠しながらでもオープンな自分でありたい。そんなボクにはありがたいツールということで、その一つがYahoo知恵袋でした。あと、このブログです(汗